So-net無料ブログ作成

燃焼器具と厨房内のエアコンの相性問題 [含蓄まがいの無用な知識]

 電気厨房のメリットはかねてから色々言われてはきた。
俺個人は巷間言われるメリットは承知の上で懐疑的な姿勢を取り続けており,それは長いこと変わらないでいた。
最大の理由はエネルギーコストの高さで,何をどうやったって熱源としてはガスより安くはならない。少なくとも,サプライ(供給)を電力会社に全面的に依存することを余儀なくされる状況ではこの関係は絶対に変わらない。他にも色々電化のメリットはあるにせよ,単位熱量あたりの単価は絶対的なものだと長く思い込んできた。

 しかし近年,他の要因によって俺はそろそろこの関係を見直すべきではないかと思い始めている。
理由はある時期から厨房にエアコンが導入され始めてきたことによる。俺の住む町では保健所の指導により厨房の室温は28℃(この数字については記憶が曖昧だが、とにかく30℃以下ではある)ことが推奨され,新築にせよ改修工事にせよ使用者側でこれに準拠する動きが活発だからだ。
 
 言うまでもなく,電気熱源の大きな特徴の一つは燃焼排気がない点にある。機体からの輻射熱と煮炊きの際の湯気やオイルミストだけが排気の対象なのだから空調設備総体が軽装備で済む。一方吸気に目を向けるとあくまで換気のための吸気であって燃焼器具に酸素を供給するという考えは持たなくても良い。
 他にも色々あるが,総じて電気熱源はエアコンと相性がいい。言い換えると燃焼器具とエアコンの共存には事前にかなり慎重な機械設備のプランを要する。

 数年前の施工例から顕在化している不具合があり,燃焼器具の不着火が頻発するとか不完全燃焼が発生するとかいった事例に俺は幾つか遭遇している。
 いずれも厨房内に数点あるうちの特定の燃焼器具で,当初俺はその原因を探りあぐねていたがあるとき天井設置のエアコン室内機に関係があることに思いあたった。
 不具合の発生するのは特にパイロットバーナーを持つ燃焼器具に多く,点火保持はサーモカップル,イグニッションとフレームセンサーの種類に関係なくある条件下で不具合が発生する。

 どういう事かと言うと,エアコン室内機の送風方向とか循環能力によっては燃焼器具とのある位置関係で燃焼用の空気の流れを妨げるような対流が発生する。
 周辺からバーナーに向かって流れる一次空気がエアコンの送気によって攪乱され,バーナー周辺は酸欠に近い状態で燃焼することになる。
 殊に影響を受けるのがパイロットバーナーで,何分ノズルからの射出量が微々たるものなので周辺の空気が攪乱されるとてきめんに不完全燃焼を起こす。燃焼器具の種類によっては,特に煙道を持つものはしばしばこの不完全燃焼を起点として煤だらけになる。

 某店舗に於いて半年に一度程度の割合で不完全燃焼を起こして煤だらけになるガスフライヤーがあり,何度清掃しても一定時期で再発するのである時,上に書いたような状況を想定してみて燃焼中に厨房のエアコンを発停させてみたところ,エアコンの起動から少し遅れてパイロットもメインも不完全燃焼の赤い灯が発生して俺は自分の仮説を確認できたのだった。
 便宜的な解決策としてそのとき俺が取ったのは、エアコンから出る空気の流れがフライヤーの燃焼用吸気の流れとかち合わないように、或いは流速が減じるように複数の薄い板(アクリル板)を天井面に複数ぶら下げてみることで,見てくれは最低だが燃焼不良の予防効果は結構あった。

 何かを解き明かした気分になり,俺は結構自己満足に浸ったが考えてみれば俺が駆け出しのあんちゃんの頃には起こり得なかった障害だ。そもそも30年近く以前には厨房にエアコンなどなかったのだからこんな不具合も怒らなかったというわけ。

 調理の勝手で言えば電気熱源に比べて燃焼器具の方に分があるのはこれから先も変わらないと俺は考えているが,室内空調(ここでは冷房)にエアコンを導入することに近年疑問を持っている。燃焼器具に与える悪影響をここでは書いたがそれ以上に調理師が局部的に冷風を浴び続けることで関節痛をはじめとして体調に色々問題が発生する話をちらほら聞いたりもするからだ。理想論としてはやはりソックダクトということになるのだろうがこちらはエアコンに比べて初期投資が高価につくところが問題か。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 2

くるみ

確かに近年の事ですね!過去の職場では厨房にエアコンなんて見た事ありません。(もっとも裕福な職場に縁がなく^_^;) 空気の流れ…それを見通すのは凄いですね!! 以前の記事で後輩に見えない電流の流れを覚えさせる為に…とゆうのがあったように思いますが、流石です(^O^) 話は遠退きそうですが、以前狭い部屋での一人暮らし。煙草に火を着けるためのライターが着かず。窓を開けたら着いて…目に見えないけれど酸素が足りなかったと。そんな空気の状況を見極められるのは、やはり凄いですm(__)m
by くるみ (2012-09-26 00:32) 

007

燃焼不良対策、ご明察です!

電化厨房は、一式の場合割引がありますから、電力会社に申請すれば電気代が割安になりました。
しかしながら、今は電力会社自身が節電を呼び掛ける時代になり、オカシナものです、、、

電磁調理器からは・電磁波・が出ていて身体に悪いと言われていますが、便利な面もありますね。

昔は暑い厨房で汗ダクで調理をしていたのですから、環境は改善されて良いことです。
時代は良くも悪くも変化し、人間を取り巻く環境も変わりますが、・技術力・の重要性は不変であるし、そうあって欲しいです。
by 007 (2012-09-26 03:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。